FC2カウンター

最新記事

プロフィール

@かずひと

Author:@かずひと
つに3人の男の子のパパになりました。
故郷茨城をこよなく愛しつつ、もうすっかり静岡県民。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ



タカラトミーモール「トミカショップ」

ビックカメラ.com

JAFのサービスでドライブを快適に!

楽天トラベル株式会社

楽天市場

DATE: CATEGORY:未分類
北信州での2日目。(8月14日)
天気予報では曇りマークだったけどところどころお日様も顔を出すまずまずの天気。

170814-01.jpg
とても気持ちよく過ごせたコテージを後にします。

向かったのはすぐちかくの木島平やまびこの丘公園。

170814-3.jpg
おそらくは冬場はスキー場とみられる広大な公園。
思いっきり駆け回るにはちょうどいい。(当然同行者には相応の歩行が求められる・・・)

170814-5.jpg
芝生の広大な広場に大きな遊具(この写真では小さくしか見えないけど)

170814-4.jpg
こんな乗り物にも乗れたり。小学1年生の末っ子は大喜び。
中学1年生の長男は少し飽きていたけど。
ここ数年の旅行ってお城に行ったり博物館に行ったり、どうしても上の子が楽しいところに行きがちだったんだけど、
よく考えれば長男次男が今の末っ子くらいの小学1年生くらいの時は
こうして遊具とかアスレチックがある公園に毎週のように通っていたよな・・・と考えると
今日は末っ子中心の1日でもいいかな、という気がしてたのでこれでいいかな、と。
それでも次男は結構楽しんでました。

っていうか、長男が1年生くらいのころは付きっ切りで遊ぶことが多かったので、
今は3兄弟を広い公園にほったらかしにしとくだけで勝手に遊んでくれるので楽と言えば楽。
晴れていても木陰に入るとそこそこ涼しい信州の山の上なので子供たちを眺めてぼーっとするだけで結構快適なのでした。

とは言え、ここに1日いるのも(それはそれで悪くはないけど)少しもったいないので
昼前には切り上げてクルマを西に走らせて戸隠山方面へ。

170814-6.jpg
戸隠民俗館へ。
近くにあるちびっ子忍者村も気になっていたけれど、あえてこちらへ。
似たようなアスレチックやからくり屋敷もあって、さらに展示館ぽいのもありそうなのでこちらへ。
(ていうか道中に忍者村も見えたけど駐車場からして結構混んでいた・・・)

170814-9.jpg
右手奥のからくり屋敷、館内では写真NGだったので撮っていないけれど、かなり凝った作りで大人でも楽しめました。
混んでいる日だったので前後に他のお客さんがいたけれど、前後にお客さんがいなくて自分たちだけだと結構脱出に苦労しそう。

170814-10.jpg
信州の古民家を移築した展示館は内容もさることながら縁側が気持ちイイ。

170814-8.jpg
170814-7.jpg
そしてここでも末っ子大喜び。
やまびこの丘公園の遊具と比べるとこちらはアスレチックに近い内容なので上二人も楽しんでいました。

と、戸隠も民俗館を楽しんで、最後に近くの蕎麦屋さんで戸隠そばを食べて帰り道についたのでした。
戸隠神社も見たかったけど歩く距離が結構ありそうで時間かかりそうだったから別の機会に、
というかまた来年に来よう。

というわけで1泊2日の信州旅行。これまで来ていなかった北信州がなかなかいいところということが分かったことが大きな収穫。
ただ、静岡県からは少し遠いな・・・ということも痛感。安曇野からさらに1時間、っていうのが、ねぇ。
木島平はインターチェンジから近いのはいいのだけど。
それでもまた来年来たいと思います。






DATE: CATEGORY:17年夏・信州旅行
もうかれこれ5年くらい前から夏休みに訪れている信州。
今年も8月13、14日の1泊2日で行ってきました。

例年だと大町にあるコテージを定宿としていたんですが、
今年は予約の出遅れにより予約できず・・・
というわけで、今年は北信州木島平へ。
まぁ、大町・安曇野近辺はめぼしい遊び場、名所は
だいたい巡ってしまったし、ここはまた目先を変えるのもいいかな、と。

というわけで静岡を出発して最初に来たのは・・・
170813-2.jpg
武田神社。甲府じゃん。山梨じゃん。信州じゃなくて甲州じゃん!という突っ込みは置いておいて、
ここ数年大河ドラマにはまっている3兄弟(というか上二人)にとっては、
昨年の真田丸でも今年の直虎でも登場する武田家は気になる存在。
そんな武田家が居を構えていた躑躅が崎館を見ておこう、というわけで。

170813-1.jpg
館の跡、とは言え今は神社です。
天下を狙った信玄公の本拠ですからもっと立派なお城てきな館を想像していたんですが、
お堀こそあれあくまで「館」だったんだなぁ、という質素な作りが印象的。
甲府市内のもっと中心地にあるかと思ったらほんとに外れにあるし。

宝物殿もあって貴重な史料も展示してあるんですけど、三男は当然飽き飽き、一番歴史好きな次男も
ちょっと難しかったみたい。この2年の大河もそうだし、少し前の風林火山とか、天と地と、とか、
大河ドラマに関わる機会も多かったはずなのに、いまいちアピールが上手じゃないな・・・という印象。
去年の上田とか松代とか真田丸を前面に打ち出して展示をリニューアルしてたりしてたのにね。
ちょっと残念。

そんな甲府を後にして向かうは北信州。

170813-3.jpg
キタ――(゚∀゚)――!! 千曲川を見下ろすのどかな景色。木島平です。
北アルプスのふもと大町とはまた違う雰囲気。
正面に見えるのは斑尾とか戸狩とか。北アルプスみたいな険しい山々ではないから
どこかのどかに見えますね。

170813-4.jpg
今回お泊りのコテージ「フィオーレ」という名のコテージだったのですが、
割とこじんまりとした個人経営のコテージ。
お庭にはスラックラインという綱渡りをスポーツにしたような競技のロープが準備してあったり、

170813-5.jpg
ハンモックが張ってあったり、緑いっぱいのお庭がとても気持ち良くて。
来年もここに来ようかな・・・。

170813-6.jpg
そして定番のバーベキュー&花火
(っていうかそのために来ているようなもの)
さて、2日目はどうなるでしょうか。




DATE: CATEGORY:未分類
自宅の近所、本当に近いところに某コンビニがありました。
そう、あったんです。つい4日前までは。この町に住んでもう10数年、その時からあったし、もっと言えばこの町で生まれ育った妻が子供の時からあったらしいです。
だから、
当然うちのこども達が小さい時からあったし、「はじめてのおつかい」的なこともこのコンビニでしてたのに・・・
何と言っても困った時にすぐに駆け込んで必要なもの買い付けられるお店がすぐ近くにあるって便利だったのにな。
なんと閉店・・・。
決して儲かっていなかったわけではなかったみたいなので、余計に残念です。

ちなみに、最終日の朝立ち寄ったら、飲み物と一部のお菓子などを除いてほとんどの棚がガランと何も無い状態でした。最終日のコンビニ、ある意味貴重な経験。
というわけで、コンビニ跡地になってしまった場所、せっかくだから別のコンビニでも入らないかなぁ・・・
DATE: CATEGORY:子供と一緒
花火のシーズンです。
人混みに出るのがあまり好きではない我が家、隣町の大きな花火とか、
県内の何万発!みたいなことを言っている花火大会にはあまり出かけていないのですが、
町内の30分くらいで終わるささやかな花火は毎年見に行っています。

が、
毎年本当に近所の広い駐車場まで出て2kmほど先に打ち上げられる花火を見ていたのだけど、
今年はもう少し歩いて打ち上げ場所直下の立ち入り禁止区域にほど近いところまで出てみてみました。

170806-1.jpg

おお!花火もここまで近いとスマホで撮影できる!(ポイントはそこか)
いやいや、やっぱり間近で見る花火もいいものですね。
こんなに近い花火、昔々故郷土浦の花火で見たきりだなー、なんて思っていてたら
爆発音に怖がる末っ子がいました。なるほど。こんなに近いところでの花火は初めてだもんなー。
それでも最後のころにはすっかり慣れて楽しんでいましたが。

人込みを気にしないのどかな花火も見学場所を変えるとまた新鮮な気持ちで見られることに気が付いた夏なのでした。







DATE: CATEGORY:子供と一緒
今日は子供たちのピアノの発表会。

もう何年も弾いている長男次男はもちろん、
末っ子のステージもだんだんさまになってきました。

170730-1.jpg
まだまだステージ上で怖いもの知らずなお年頃。

一方で長男次男は見た目の堂々とした雰囲気にの割になかなか緊張していた模様。
170730-2.jpg
それでもソロも連弾もよく弾けていたけど。

長男次男はもう何年も毎年のように何かしらのステージに立っているので
逆によその子の演奏で「あ、うちの子が前に弾いたなこの曲」っていうパターンが時々あります。
うちの子のほうが上手だったな、でもこの子はすごく丁寧に弾けてるな、とかいろいろ面白いです。

それでももっと上の高校生の演奏を聴いているとやっぱりすごいなぁ・・・と。
続けるだけでも大変そうなのに。

ともあれ本番のプレッシャーから解放された子供たちは帰ってきてからドラクエ三昧なのでした。
しかも夏休み。いいなぁ・・・




copyright © 日刊かずひと all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ